年齢を重ねていくにつれて毛穴の開きが気になるように…

 

どんなにお肌のお手入れを丁寧にやっても、そして、良いという化粧品を使って試しても、毛穴の開きだけはどうしても良くならないです。

本当に深刻になってしまうほど毛穴にはなやみます…。毛穴以外では、お手入れをしっかりして、保湿を徹底的にして、水分をしっかり摂ることでどうにか保っているのですが、開いた毛穴だけはどうにもならないのが、ある時からの悩みです。

メイクをすると余計に毛穴の開きが目立ってしまうし、とても恥ずかしい限りです。毛穴の綺麗なひとは、素肌美人。素肌が綺麗な人だと思います。

この毛穴の開き、一度開いたら戻ることができなくなり、いつも開きっぱなしになってしまいます。そして、小鼻のまわりの毛穴の黒ずみは、何をしても朝になると黒ずんでいて鏡を見るたびに嫌になるほどです。

市販されている毛穴を綺麗にするシートや、毛穴を綺麗にする美容機器もかいましたが、やはりどんどん広がる一方で小さくなってないです。

どうしてこうなるのでしょうか。そんなある日、顔を鏡でみながら上に引っ張ったら、毛穴も引っ張られて開きがなくなりました。ということは、これはやはり年齢からくるとの間違いないものなんだと思いました。

たるみ、水分不足、乾燥などの、年齢を重ねた良くないものが全てこの戻らない毛穴を作ってるんだと思いました。やっぱり一番はたるみです。

たるんでるから、毛穴の開きが余計目立つのだと思います。

そして、こすりすぎたり摩擦などで毛穴が余計に広がって元に戻る力がなくなっているんだとも思います。

毛穴の開きだけでなく黒ずみもとれないので、加齢は怖いなと思います。

これも年齢を重ねたからなんでしょうか?そう考えると、お肌のお手入れは若いころから手を抜かず、毎日丁寧にしないとこうなるんだ…と最近後悔しています。

もし毛穴が元に戻ってくれたら、メイクしても楽しいし、おしゃれも自信をもってできるのにな、と思います。体験談じゃなくてすみません。私のように後悔しないためにも、若いうちにきちんとスキンケアすることを皆さんにおすすめします。

50代主婦